千葉県松戸市の小児科-つるこどもクリニック

つるこどもクリニック 電話でのお問合せ

医院開設にあたって

私はこれまで松戸市立病院や母校の自治医科大学附属病院、松戸市こども発達センターなどで一般小児科、小児救急、小児神経科の経験を積んでまいりました。自治医科大学卒業生として千葉県・南房総での地域医療にも従事し、暮らしを大切にする医療を心がけてきました。家族と暮らし、子育てをしてきた松戸市にとても愛着があります。

このたび、今までの経験を生かし、お子さんの健康を守るお手伝いをしたいと考え、小児科クリニックを開業することに致しました。小児一般診療・乳幼児健診・予防接種を行い、スタッフと力を合わせて地域のお子さんと御家族に安心を届けてゆきたいと考えています。お子さんの成長・発達を見守り、本来お子さんが持っている「治る力」と御家族の「育む力」を大切にして、お子さんとその家族の暮らしを考えた医療を心がけます。

また、今後も引き続き松戸市立病院小児科で非常勤医師として勤務し、これからも自身が少しずつでも進歩してゆけるように研鑽を積んでまいります。

つるこどもクリニック

院長 津留 智彦(つる ともひこ)

院長プロフィール

■経歴

昭和63年自治医科大学を卒業。

松戸市立病院で研修ののち、自治医科大学附属病院などで勤務。

平成13年から松戸市立病院小児科勤務。
(平成22年から松戸市立病院小児科副部長)

平成28年5月 つるこどもクリニック開院。

現在 松戸市立病院非常勤医師
医学博士、小児科専門医、小児神経専門医、AHA公認PALSプロバイダー

■所属学会

日本小児科学会、日本外来小児科学会、日本小児神経学会、日本小児感染症学会など

院長写真